1年中イチゴ狩りができる!首都圏に“イチゴのテーマパーク”が誕生

壁面にもイチゴの模様が描かれている「TOKYO STRAWBERRY PARK」

2018年4月29日 (日)10:00、横浜市鶴見区に「TOKYO STRAWBERRY PARK(東京ストロベリーパーク)」がオープンする。

同施設は、東京電力ホールディングスの橫浜火力発電所内にあり、最新技術を使ったハウスでイチゴを栽培。年間を通じてイチゴ狩りができるほか、イチゴのお菓子作り行程が見学できる工房やショップ、ブッフェレストラン、キッチンスタジオを展開する。インスタ映えが意識された数々のインテリアや、ピンクを基調とするかわいい作りに思わずテンションもアップ!

STRAWBERRY FARM

敷地内には大きなハウスが!

もともとは野球グラウンドだったという敷地の一部を使って建てられた広大なハウス「STRAWBERRY FARM(ストロベリーファーム)」は、電力会社の運営とあってオール電化で、温湿度調整システムなど最先端技術を活用。イチゴ栽培に適した環境を整備することで、年間を通じてイチゴ狩りが可能に。

ハウスの中は、人にとっても快適な温度。ピンク色のアスファルトがインスタ映えしそう!

すでに1,700名以上の予約が入っているという人気ぶり!ピンクのアスファルトがインスタ映えする、いるだけで楽しい空間だ。

最大4種類のイチゴを食べられる!写真はとちおとめ

イチゴは「とちおとめ」「あきひめ」「よつぼし」「UCアルビオン」の4種類で、日によって食べられる種類は異なる。

イチゴ狩りは30分食べ放題で、予約制。1か月先まで予約を受け付けている。料金は、1~6月が中学生以上2,000円、4~小学生1,500円、7~12月は中学生以上2,980円、4~小学生2,480円、3歳以下は共に無料。持ち帰りの場合は、300gで1~6月が800円、7~12月が1,400円。

ICHIGO LAB.

「ICHIGO LAB.」ではスイーツやドリンクを販売!

「ICHIGO LAB.(イチゴラボ)」では、イチゴとチョコレートのお菓子を作る様子が見られる工房。

工房はガラス張りになっていて、作っている様子が見える
目の前でコンベアーが動く!チョコレートが搾り出される様子も

チョコレートとイチゴを使ったスイーツやドリンクが購入できる。イチゴがモチーフのベンチもかわいい!

ダークチョコをサンドした「ラボドッグ<ダーク>」(650円・手前)などを食べてブレイクしよう!
チョコレート菓子も多数販売!作っているところも見られる

Berry good shop

POP UP SHOPの「Berry good shop」

期間限定のコラボグッズやキャンディ、クッキーなどお菓子を販売するPOP UP SHOP「Berry good shop(ベリーグッドショップ)」。特に注目なのは、ショートケーキやイチゴ形の和三盆。かわいすぎて食べられない!?トートバックやイチゴの苗(2,400円)まで手に入る!

【写真を見る】ショートケーキの形をした「ショートケーキ和三盆」(7個入750円・左)と、「イチゴ和三盆」(8個入750円・右)

PARK SIDE KITCHEN

「PARK SIDE KITCHEN」の店内もピンクを基調としたポップなつくりになっている

旬の野菜や食材を使ったイタリアンが食べられるビュッフェレストラン「PARK SIDE KITCHEN(パークサイドキッチン)」。

チョコレートとイチゴチョコレート、両方のファウンテンを食べ比べたい!

もちろん、デザートコーナーは大充実!チョコレートとイチゴチョコレートのファウンテンは、子供も釘付けになること間違いなし。さらに、いちごのミルクレープやいちご大福など、ミニスイーツは全制覇したくなる!?

貸切などで使用できる「スイートルーム」。鏡張りでパーティにも活躍しそう

予約推奨だが、店内は広いのでフリーでも利用可能。「スイートルーム」という最大約65名ほど入れる大きな個室もあり、パーティや貸切利用におすすめだ。

土日祝限定のメニュー、ローストポーク

90分食べ放題、ドリンクバー付きで料金は中学生以上2,100円、小学生以下1,100円、土日祝は中学生以上2,500円、小学生以下1,300円、3歳以下は無料。「ローストポーク」など土日祝日限定で食べられるメニューもある。

STUDIO SWITCH

「STUDIO SWITCH」の体験教室で作れる作品のイメージ

オール電化の料理体験ができるキッチンスタジオ「STUDIO SWITCH(スタジオスイッチ)」では、土曜・日曜限定、1日1回完全予約制の料理教室を開催。「丸ごとイチゴで作る!My ストロベリーパークジャム」(約105分、1人1,980円)をはじめ、多彩なプログラムを展開する。こちらは2018年5月19日(土)よりスタート予定。3歳以上が対象で、12歳以下は保護者の同伴が必要(保護者1人につき4人までOK)。

電子レンジやIHコンロがおかれたキッチンスタジオ

イチゴの魅力がたっぷり詰まった、まさに“イチゴのテーマパーク”!イチゴを存分に堪能しに行こう♪

スムージーとチョコレートプリンを合わせた「いちごスムージー with チョコリン」(ホワイト/ダーク・各650円・左)、2種のソースが付く「もぎたてもぐもぐいちご」(760円・右)
35%生クリームをたっぷり使用した「いちごオムレット」(860円)

詳細情報

■TOKYO STRAWBERRY PARK(東京ストロベリーパーク)
※2018年4月29日(日)オープン
住所:神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1
電話:045-394-5555
時間:11:00~16:00、土曜・日曜・祝日10:00~18:00(PARK SIDE KITCHENの最終入店は各90分前)
   STRAWBERRY FARMのイチゴ狩りは10:30~(土日祝のみ)、11:30~、13:00~、14:00~※要予約
休み:水曜
席数:約220席 ※禁煙
駐車場:約150台(無料)
アクセス:JR線鶴見駅より横浜さとうのふるさと行きほかバス約15分、横浜火力発電所前停から徒歩1分

⇒注目の新店を紹介!【行ってきました!NEW OPEN】はココからチェック


⇒最新情報から人気連載まで!「YOKOHAMA Walker WEB」はこちら

情報は2018年4月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。