服装はどうする?ベストシーズンは?いちご狩りQ&A

せっかくのいちご狩り、行くなら甘くて美味しいいちごをたくさん食べたい!行く前に抑えておくべき、いちご狩りの基本情報と疑問にウォーカー編集部がお答えします!

Q.おいしいいちごの見分け方は?

いちごのつぶつぶは、種ではなく果実。赤くて甘い部分は茎で、花の根元(花托/かたく)の茎の先が果実のように大きくなった部分で「偽果」と呼ばれている

A.ヘタと色、つぶつぶに注目!

色にムラが無く、真っ赤でヘタが反り返っているいちごが完熟している。また、つぶつぶを覆うように周囲の果肉が盛り上がっているのも、完熟のサインだ。

Q.いちごはどうやって摘むの?

A.手摘み or ハサミ、農園によって異なる

【写真を見る】ひねって摘む!

手で摘むときは、ヘタ先の茎を摘み、裏返していちごの先端を確認。先まで色づいていたらひねって摘む。

ヘタ先ギリギリで茎を切る

ハサミで切るときは、落ちないようにハサミと逆の手でいちごを優しく支えて、ヘタ先ギリギリで茎を切る。

Q.いちご狩りのベストシーズンは?

【種類別】いちごの旬カレンダー。天候によって、ずれる場合もあるので注意

A.旬は1月から3月。それ以降も狙い目!

いちごはブドウなどと異なり、収穫しても同じ株に次々と花が咲き実がなるので、長期間味覚狩りが楽しめるのが特徴。品種も豊富な最盛期の1~3月は実が締まった歯応えのあるいちご、温かくなる4、5月は、より水分を含み冬に比べると柔らかい果肉になる。ほとんどの農園は4、5月にいちご狩り、量り売り料金ともに安くなるので、敢えて遅めに行くのもアリ。

Q.いちご狩りに適した持ち物や服装は?

A.荷物は少なめで、歩きやすい靴がベター

高設栽培の農園。立ったままいちご狩りが楽しむことができて、太陽の光以外はコントロールが可能

現在の観光いちご園は摘みやすい高設栽培が主流。足場にはビニールシートが敷かれ、ぬかるみもないため靴が汚れることも少ない。ヒールの尖ったものでなければ靴は自由。ハウス内でも冬は寒いため防寒対策はしていこう。また、ウェットティッシュや温かくなる4、5月は持ち帰り用のクーラーボックスを持参すると便利。食べ放題では、ヘタを入れる袋などは用意されている場合が多い。

Q.いちご狩りに関する裏ワザってある?

A.農園で販売されていることもある練乳以外に、チョコレートソースを使うのもおすすめ。甘さを引き立てるために氷水に浸すという技も。農園により持込み不可の物もあるため事前に確認を。

Q.スーパーで買ういちごと、いちご狩りのいちごは種類が違う?

味や食感、いちご狩りの定番品種に希少な品種など、種類によって特徴も違う。図を参考にして、お気に入りの品種を見つけよう

A.いちごには、果肉が硬い品種、丈夫な品種がある。スーパーなどで販売するのは、輸送に耐えられる丈夫ないちごなのだ。果肉が柔らかくスーパーに出回りにくい品種を見つけ、いちご狩りを楽しもう。【ウォーカープラス編集部】

情報は2018年3月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報