東京都のいちご狩りスポット「紅ほっぺ」

エリアを絞り込む
条件を絞り込む
品種を絞り込む
順番を並び替える
東京都のいちご狩り「紅ほっぺ」2件ヒットしました
全 2 件中  1 〜 2 件

電車で行ける東京近郊のおすすめいちご狩りスポット8選

ビニールハウスのいちご狩りは栽培期間が長く、1月から5月末ごろまで楽しめるスポットも多くある。今回は東京都心から電車で1時間前後で行けるいちご狩りスポットを厳選紹介。「駅近」「送迎あり」「バス停からすぐ」など、アクセスが便利だから車がなくても気軽にいちご狩りが楽しめる!

【上野駅から約1時間】埼玉県越谷市「いちご工房 木村屋」

東武スカイツリーライン大袋駅から徒歩10分

【上野駅から約1時間】 埼玉県越谷市「いちご工房 木村屋」
【上野駅から約1時間】 埼玉県越谷市「いちご工房 木村屋」

都心から約1時間、最寄り駅からは徒歩10分という、電車でも車でもアクセスが便利ないちご園。バリアフリー完備で、2段になった高設栽培が小さな子供や車いす利用者にも優しい。品種は、あきひめ、紅ほっぺ、おいCベリーなど、最大で9種類の甘くて美味しい完熟いちごが味わえる。3月末までは地方配送も可能だ。

期間:2020年1月4日(土)~5月下旬 ※月、金曜休み。いちごの状況により休みの場合あり
品種:あきひめ、紅ほっぺ、かおりの、おいCベリー、やよいひめ、おうか、あまりん、彩のかおり

【品川駅から約1時間】神奈川県横浜市「TOKYO STRAWBERRY PARK (東京ストロベリーパーク)」

JR鶴見駅または京急本線京急鶴見駅からバスに乗り横浜火力発電所前バス停下車、徒歩すぐ

【品川駅から約1時間】神奈川県横浜市「TOKYO STRAWBERRY PARK (東京ストロベリーパーク)」
【品川駅から約1時間】神奈川県横浜市「TOKYO STRAWBERRY PARK (東京ストロベリーパーク)」

横浜火力発電所に併設され、都市近郊でいちご狩りを楽しめる施設。オール電化のハウスで温度や日射量などが徹底して管理されているため、旬を気にせずいちごを食べられる。時期にあわせて最もおいしい旬のいちごがセレクトされるため、訪れるたびに異なる品種を味わえるのもポイントだ。いちご狩りのほかに、施設内のビュッフェレストランやカフェ、ポップアップショップなどがあり、いちごを使ったスイーツを堪能できる。

期間:通年開催 水曜、12月30日(月)~2020年1月1日(水)休み

【新宿駅から約1時間10分】神奈川県厚木市「内海いちご園」

小田急線本厚木駅から神奈中バス平塚駅北口行きに乗り約15分 相川中学校前下車徒歩10分

【新宿駅から約1時間10分】 神奈川県厚木市「内海いちご園」
【新宿駅から約1時間10分】 神奈川県厚木市「内海いちご園」

摘める品種はその日のいちごの状態に応じて、ベストなものを厳選し案内してくれる。陽射しがたっぷりと降りそそぐ明るいハウスで栽培されるいちごは、粒の大きさとコクのある甘味が特徴。全面高設栽培を採用していて、立ったままいちごを摘み取れる。また、通路はベビーカーや車イスでも通れるゆとりのある造りとなっており、楽にいちご摘みができる。栽培品種はあきひめ、紅ほっぺ、おいCベリー。ミルク付き30分食べ放題で味わえる。

期間:2020年1月10日(金)~5月下旬 ※月・火曜休み(祝日の場合は営業する場合もあり)。1月の平日は午前中のみ営業。いちごの生育状態により休園の場合あり。詳細はHP参照。
品種:あきひめ、紅ほっぺ、おいCベリー

【新宿駅から約1時間10分】神奈川県厚木市「わだいちご園」

JR東海道本線平塚駅または小田急電鉄小田原線本厚木駅からバスで下戸田下車、徒歩15分(迎え可能・要事前連絡)

【新宿駅から約1時間10分】神奈川県厚木市「わだいちご園」
【新宿駅から約1時間10分】神奈川県厚木市「わだいちご園」

環境保全型農場(エコファーム)認定のいちご農園。ミヤコカブリダニなどの天敵昆虫を散布するいちごに害を及ぼすアブラムシなどからいちごを守る栽培方法で、減農薬のいちごを育てている。土を完全に消毒してから苗を植えるなど、手間をかけて作られるいちごはコクのある旨味が特徴。広大なハウスで手間はかかるが、自然に近い栽培方法にこだわった取り組みが光る。予約は平日のみ受付しており、要電話問合せ。

期間:2020年1月11日(土)~5月初旬 ※不定休(要問合せ)。いちごがなくなり次第終了予定
品種:とよひめ、紅ほっぺ

【池袋から約1時間20分】埼玉県狭山市「狭山ベリーランド」

西武新宿線新狭山駅からバスで新狭山ハイツ終点下車 徒歩10分

【池袋から約1時間20分】 埼玉県狭山市「狭山ベリーランド」
【池袋から約1時間20分】 埼玉県狭山市「狭山ベリーランド」

関東最大規模の広々としたハウスは清潔でバリアフリー整備されており、広い通路は車いすやベビーカーでの移動も楽々だ。高設2段栽培のため、腰をかがめずに自慢の甘くて大きないちごが摘み取れる。

期間:2019年12月中旬~2020年5月下旬(予定)
品種:あきひめ、かおりの、紅ほっぺ※ハウスにより異なる

【池袋駅から約1時間】 埼玉県さいたま市「駅チカ イチゴ園 GREENPEACE」

JR・埼玉高速鉄道東川口駅から徒歩6分

【池袋駅から約1時間】 埼玉県さいたま市「駅チカ イチゴ園 GREENPEACE」
【池袋駅から約1時間】 埼玉県さいたま市「駅チカ イチゴ園 GREENPEACE」

首都圏からアクセス良好な埼玉県さいたま市東川口駅から徒歩6分、2017年12月にオープンしたいちご直売&いちご狩り園。こだわりの栽培で大きないちごを作っている。高設ベンチ栽培のハウスは広々としたスペースがあり、清潔な個室トイレも完備している。車、バスなしでもアクセス可能ないちご園は珍しく、学生やママたちにもおすすめ。全日先着順。来園の際にはホームページを参照。

期間:2020年1月4日(土)~5月下旬 ※月・火・金曜休み
品種:紅ほっぺ、あきひめ、真紅の美鈴

【池袋駅から約1時間30分】埼玉県比企郡川島町「Strawberry Hunt」

東武鉄道川越駅からバスで小見野下車、徒歩5分

【池袋駅から約1時間30分】埼玉県比企郡川島町「Strawberry Hunt」
【池袋駅から約1時間30分】埼玉県比企郡川島町「Strawberry Hunt」

高設栽培により、かがまず立ったままでいちご狩りができる。一部、車椅子やベビーカーでのいちご狩りも可能(要事前確認)。甘味と酸味のバランスがいい紅ほっぺ、酸味の少ないあきひめの2種を栽培している。

期間:2020年1月下旬~5月上旬 ※生育状況により変更になる場合あり。要事前確認
品種:紅ほっぺ、あきひめ

【品川駅から約1時間30分】神奈川県海老名市「ストロベリーハウス」

小田急小田原線海老名駅から神奈中バス長後行きに乗り約10分 上河内下車徒歩7分

【品川駅から約1時間30分】 神奈川県海老名市「ストロベリーハウス」
【品川駅から約1時間30分】 神奈川県海老名市「ストロベリーハウス」

1月から6月中旬までいちご狩りを実施。4種類のいちごを栽培しており、食べ比べが楽しめる。先着順で7:30から受付開始なので、早めの来園がお勧めだ。ハウス内は全面高設栽培のため、ベビーカーや車いすでの入園も可能。ハウス前の広場では遊具を無料で貸し出しており、キッズコーナーやおむつ替え台もあるため小さな子供連れにも利用しやすい。

期間:2020年1月4日(土)~6月中旬 ※土・日・祝のみ開催。いちごの生育状況により期間変更の場合あり
品種:あきひめ、紅ほっぺ、おいCベリー、やよいひめ、よつぼし

東京都のいちご狩りスポットを探す

おすすめ情報